上司が嫌だったので仕事を辞めて独立した話

上司が嫌だったので仕事を辞めて独立した話

 

 

私は10数年美容師として生きてきましたが、その中でいろいろな葛藤がありました。

 

先輩、後輩等の人間関係、接客、営業後に練習・・・なかなかプライーベートの時間を自分が思った以上にとることはできませんでした。

 

美容師として2、3年働いていると美容学校時代の同級生が次々にやめていきます。私の心も正直揺れました。

 

美容師を辞めてから会った友達には『ボーナスもあるしと土曜、日曜と休めるから最高』ある友人には『美容師は全然儲からない』。

 

何度もやめようかなーって思いました。

 

参照:フリーター就職活動ガイド!20代ニートが正社員になる方法とは??

 

ですが、今まで親に出してもらった学費や美容師に何でなろうと思ったんだろうと原点回帰してみたり、スタイリストになったらまた世界が変わるのかな?って考えたりいろいろ

 

悩みました。そこで私がだした答えはスタイリストになるまで続けようって答えでした。

 

ですが、スタイリストになってからも大変でした。私が働いてるお店はどんどん新入社員が辞めていきます。

 

それはなぜか。人間関係でした。
よく後輩からは◯◯先輩が嫌いです、苦手です。それも皆同じ先輩の名前がでてきます。

 

その先輩はもうワガママで時代遅れの先輩といいますか、体育会系の先輩で今の時代ではありません。

 

私は唯一その先輩に対して意見を言うことができたので『もう少し後輩の事を思って接してくれませんか』と伝えました。

 

まあ、聞くわけがないんですけどね・・・。

 

結局後輩の力になることができずにお店を辞めたり他の店舗に異動したりまったくどうしようもありませんでした。

 

私も遂に限界がきて辞めようと決心しました。その時はもうスタイリストになっていたので独立を理由に辞めました。

 

いまじゃそのお店はスタッフも少なく閉店まで時間の問題だなって思っています。

 

美容師には辞めたくても辞められない(スタッフが少なくなるとお店の売り上げが落ちる(お店都合))この理由が大半じゃないかなと思っています。

 

日本人は物事を伝えるのが苦手(人に嫌われるのが怖い)だったりするのでその辺を気にしてなかなか辞めるって意思を示せないのかなとも思っています。

 

そして辞めた私は今独立して美容室を経営しています。